望遠レンズを室内で


ペットランキングへ





今日は200mmの望遠レンズを室内で使ってみました

望遠と聞くと遠くの物を大きく撮るためのレンズと思いがちなのですけど

画角が狭いので屋内で使うと背景の余計なものが入りにくい事と

入ったとしても大きくボケて何が写っているのかわからなくなりますので

使い方によっては部屋の中でも意外と便利です

黒バックを背景にちょっとシックなももこちゃんのペットポートレート

実は背景の黒い部分は撮影用に黒バックを使った訳ではなく、種を明かせばブラックのカメラバッグだったりします(笑)

_DSC3196.jpg

200mmで至近距離の撮影なので被写界深度は極端に浅く

ポートレートの基本通りにピントを合わせた目の部分以外は大きくボケています

床の板目の幅は大体5cmくらいなので

どれくらい大きくボケているのかよく分かると思います

_DSC3195_201709241413556d6.jpg

ふぁ~っ

普段よりもレンズの焦点距離が長い分ももこちゃんとの距離が離れていますので

にゃんだかいつもと勝手が違うにゃ・・・

などと思っているのかもしれませんね

_DSC3215_20170924141401b8c.jpg

外の様子を眺めているところを縦位置で

窓辺の光が柔らかでしたので大きなボケと相まって優しい雰囲気に仕上がりました

_DSC3202.jpg

眠くなってきても耳はしっかりこちらに向けているのですが

そんな耳の感じも背景が大きくボケていると分かりやすかったりします

_DSC3232.jpg

窓の外で小鳥のさえずりが聞こえると

ももこちゃんはサッと顔を起こして音のした方を見つめます

そんな瞬間を瞳にピントで撮った1枚は目力を感じます

望遠レンズではブレが目立ちやすいのでそこそこ早いシャッターをきる必要がありますけど

最近のデジタルカメラは高感度に強くなっていますので

ある程度感度を上げて使えば天気の良い日の日中なら室内でも十分使えるレンズになりました

画角の狭さと大きなボケは魅力的なので

いつもとちょっと違った雰囲気の写真が撮りたい時などには便利です

_DSC3234.jpg

鳥たちが行ってしまうとももこちゃんは夢の中へ・・・

AF-S NIKKOR200mm/2G EDVRⅡ Nikon D4    F2.2 1/80sec. ISO 1600 RAW

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
↑↑
ご訪問ありがとうございました。 お帰りの際にはポチッと一押しよろしくお願いいたします



20141203220652c42.gif
撮影のご依頼、お問い合わせはこちらからどうぞ
スポンサーサイト

コメント

No title

ぼかしで今日のももこちゃんは
うまく言えませんが、浮き上がってくる感じ
ももこちゃんの毛色はぼかしに
とっても会いますね
寒い冬の日でも
あったかそーに感じるももこちゃん色ですね

羨ましい

はじめまして こんにちは!

とても綺麗に撮れてますね。200mmで室内でこんなに撮れるのですね。

羨ましい限りです。またお邪魔いたします。

No title

はじめまして。
ご訪問、コメントありがとうございました。
私もいつも楽しく拝見しております。
自宅の猫だけ撮っている私には、
外猫ちゃん達の表情豊かさにいつも感動しています。
室内での望遠レンズ、こんな感じに撮れるのですね。
参考になります。
これからも楽しみにしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃおぐらふぁー

Author:にゃおぐらふぁー
猫を撮り続けて四半世紀。
にゃおぐらふぁーのブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR