ちょっとハイキーなカット


ペットランキングへ






窓辺の暖かな光に包まれた毛布の上で気持ち良さそうに眠っているももこちゃん

こんなシーンは露出を少し多めにかけたハイキーな雰囲気がよく合います

でもこういった状況で写真を撮ると思っていたよりも暗い写真に仕上がってしまうこともよくあります

これはカメラの露出計の仕組みが関わっているのですが

今日は難しい写真の理屈の話を抜きにして、簡単にお話をしたいと思います

次のカットはカメラのモードをAモード(絞り優先)でそのまま撮ったものです
_DSC1666.jpg

かなり暗い仕上がりになりました

カメラ任せの撮影で思っていたよりも暗くなってしまった時は露出補正を+側に動かすと明るい写真になっていきます

次のカットは露出補正を+1に設定したものです
_DSC1667.jpg

補正をかけなかったカットに比べると大分明るくなりました

でも、窓辺の柔らかな光の中のイメージにはまだ少し明るさが足りません

そこでもう1段露出補正を多くかけた+2で撮影したのが次のカットです
_DSC1668.jpg

これくらいの明るさになるとイメージしたものにかなり近い仕上がりになりました

上の3枚は絞りは共通でF2.2なのですがシャッタースピードが上から1/60秒 1/30秒 1/15秒となっています

+側に補正をすることでシャッタースピードが遅くなって

より多くの光がカメラに取り込まれたので写真が明るくなった・・・ということです

露出補正はほとんどのカメラについていますので

イメージしたものと実際に撮影したものの明るさが大きく違った時などには積極的に使いたい機能です

_DSC1658.jpg

ZZZZZZZ・・・・

気持ちよさそうに眠っている猫を見ていると癒されませんか?

まぁそう思わない方は猫写真のブログなんて見ませんよね(笑)


MINOLTA AF 85mm/1.4G SONY α7Ⅱ  F2.2 Aモード  ISO 640 RAW

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
↑↑
ご訪問ありがとうございました。 お帰りの際にはポチッと一押しよろしくお願いいたします



20141203220652c42.gif
撮影のご依頼、お問い合わせはこちらからどうぞ
スポンサーサイト

コメント

No title

ホントに明るさが変わるだけで随分印象も違うものですね。
写真の向こう側にあるドラマも全く別なものに見えてしまいます。
暗い方の写真は、夜でぐったり疲れて眠ってるのかなとか・・
明るい方は朝に窓から光が差し込んで気持ちよさそうだな~とか。
見る側はそんな風に勝手に想像してしまいます。

前回のしまちゃんの記念日、
あれからもう2年になるのですね。
帰って来てくれて本当に良かったです。

主役の座は渡さないにゃ(byしまちゃん)!

No title

なかなか上手くとれません・・・
今もみいちゃんの寝顔撮りました。
あーでもない
こーでもない
カメラをさわりまくっています。

ももこちゃんの寝顔の写真は最高ですね

No title

いつもなかなか上手に撮れない写真。
明るさで随分変わるのですね。
参考にして次頑張ってみます(^^ゞ
 
しまちゃんにはしまちゃんの幸せがあるのですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃおぐらふぁー

Author:にゃおぐらふぁー
猫を撮り続けて四半世紀。
にゃおぐらふぁーのブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR