FC2ブログ

6年


猫ランキング



8.jpg

早いものでもう6年経ちました

にゃおは保護した時には既に高齢だった上に腎臓の数値も相当悪くて

一緒に過ごす時間が6年もあったことは今にして思えば奇跡の様な話です

上のカットは病院の待合室で順番待ちの時に撮ったもの

1.jpg

病院では暴れることも一切なく

おとなしく診察を受けていましたけど

診察が終わると
7.jpg

一目散にキャリーバッグに飛び込みます

3.jpg

こちらは病院帰りの車の中での1枚

1枚目のカットとは目が随分違いますよね

まぁ病院が好きなにゃんこはまずいないとは思いますけど

この顔からもわかる通りにゃおも病院嫌いでした

そうはいってもうちにやって来たにゃおが6年間も一緒にいられたのは

素晴らしい病院との出会いがあったからなのは間違いありません

5.jpg

うちに帰って来た時のにゃお

右手が膨らんでいるのは皮下点滴がここに溜まってしまったから

初めてこの状態を見た時にはビックリしましたけど翌日には点滴の成分はすっかり吸収されて元通りに

そしてまた点滴

お別れが近くなった頃は毎日点滴に通いましたけどにゃおはよく頑張りました

_DSC2640_20180823153054d4f.jpg

にゃおの姿が見えなくなってから6年も過ぎたとは信じがたいのですが

何年たってもこんな感じで直ぐ横で寝ているのでしょう


CarlZeiss Distagon 24mm/2 ZA MINOLTA AF 35mm/1.4G 50mm/1.4 SONY α900


猫ランキング
↑↑
ご訪問ありがとうございました。 お帰りの際にはポチッと一押しよろしくお願いいたします



20141203220652c42.gif
撮影のご依頼、お問い合わせはこちらからどうぞ


スポンサーサイト

5年・・・


ペットランキングへ





にゃおが逝ってしまって今日で5年

もう5年も経ったのか…と時の流れの速さを実感します

_DSC0062_201708230106510af.jpg

保護した時にはもうかなりのおばあちゃんにゃんで腎臓の数値も相当悪く

瞳孔も開きっぱなしになっていましたので

もしかしたらすぐにお別れかも・・・と思いつつ

その時から6年も一緒に過ごすことができました

もしかしたらにゃおは20歳オーバーまで頑張ってくれたのでは・・・と思っています

_DSC0045-2.jpg

そんな訳でにゃおにとっては病院通いは日常でした

特に最後の3年は夏になると体調を崩して、結構危ない状態になって正直覚悟もしましたけど

その都度病院で適切な治療をしていただき2回も夏を乗り切ってくれました

_DSC0006_20170823010647da5.jpg

ただ当の本人は病院は嫌いだったようで診察が終わると

_DSC0003_20170823010644031.jpg

診察台からキャリーバッグに飛び込むのが日課でした

私もこの様子を見ながら

まだバッグに飛び込める体力があるんだったら大丈夫・・・と思ったのがつい昨日のように思い出されます

_DSC0003-2_2017082301064677e.jpg

病院から帰ると気疲れしたのか土下座寝のにゃお

今となっては全てが楽しい思い出です

_DSC0013_20170823010648d00.jpg

姿は見えなくなってしまいましたけど

今でも窓辺でこんな感じでお昼寝をしているような気がしています

昨年秋にはみぃも旅立ってしまいましたので

私の想像では家の中でそれぞれのお気に入りの場所を決めて住み分けているような気がしています

生前はみぃと折り合いが悪かったにゃおですが

きっと仲良くやってくれているはず・・・・

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
↑↑
ご訪問ありがとうございました。 お帰りの際にはポチッと一押しよろしくお願いいたします



20141203220652c42.gif
撮影のご依頼、お問い合わせはこちらからどうぞ

4年・・・・



早いものでにゃおちゃんが旅立ってからもう4年も経ちました


保護した時点でかなり衰弱していた上に腎臓も患っていましたし、年齢も相当いっていたようですから

もしかしたらほんの数日でお別れかも・・・

という状況でしたが、それから6年間一緒に過ごしてくれました

上のカットは保護してまだ間もない頃なので思いっきりよそ行きな表情です

10年前の写真なのですが

振り返ってみればこの頃はフィルムカメラしか扱っていませんでしたので

プリント以外の使い方をするときにはフィルムをスキャンしてデータを作っていました

勿論、全てにおいてデジタルがアナログに勝っている訳ではないのですが

フィルムを使う機会が激減した今となっては10年ひと昔以上の変革で

この写真を見ると改めて時の流れを感じます

nyao4.jpg

ベッドの上でこんな感じの土下座寝をするにゃおちゃん

nyqo2.jpg

また点滴? 仕方ないにゃ

晩年は毎日点滴をしていましたので通いなれた病院の診察台の上での1枚

nyao1.jpg

お家にかえるにゃっ!

点滴が終ると急いでキャリーバッグに飛び込みます

nya03.jpg

部屋に飾ってあるにゃおちゃんの写真を見ると4年も経ったなんて信じられませんけど

にゃおちゃんがここにいるのでは・・・と感じる瞬間がよくあります

そんな時は感じた通りなんだろうと信じているので

うちではお盆も何も関係なくいつも一緒にいてくれるのだろう・・・なんて考えています

姿は見えませんが、今もにゃおちゃんが足元をすり抜けていったような・・・

LEICA SUMMICRON-R 50mm/2  LEICA R9 Kodak Ektar 100 

CarlZeiss Distagon 24mm/2 ZA   MINOLTA AF 50mm/1.4 100mm/2  SONY α900

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
↑↑
にゃおちゃんに応援の1ポチお願いします!



20141203220652c42.gif

ずっと一緒



時の経つのは早いもので

にゃおが逝ってしまってから今日で3年です

_DSC2640_20150823144725857.jpg

でも部屋のあちらこちらに写真を飾っていると

今でもにゃおを近くに感じます

_DSC2564_20150823144724a4a.jpg

引越しの時もにゃおの身の回りのものは配送の荷物に入れずに

新幹線で私たちと一緒に移動でしたから、にゃおも一緒のお引越しでした

_DSC2713_201508231447265c3.jpg

なので一緒にここに住んで2年半

_DSC7833.jpg

これからもず~っと一緒です・・・


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
↑↑
ポチっと一押しお願いしますにゃ!



20141203220652c42.gif

病院



にゃおは保護した時には既に高齢で腎臓も患っていましたので日常の中に病院がありました

みぃは病院で暴れん坊の前科3犯ですが、にゃおはみぃとは対照的に病院ではとてもおとなしく

何をされても されるがまま の我慢強い子でした

上のカットは診察台の上でのひとコマです

勿論、注射や点滴などの治療が好きだったわけではありませんから

治療が終わると診察台脇の自分のキャリーバックに向かって
_DSC0006.jpg
_DSC0005_2014091923343018a.jpg
_DSC0008-3.jpg

一目散にダイビング

早く帰ろうよ・・・

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
↑↑
ポチっと一押しお願いしますにゃ!
プロフィール

にゃおぐらふぁー

Author:にゃおぐらふぁー
猫を撮り続けて四半世紀。
にゃおぐらふぁーのブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR