FC2ブログ

今日は50㎜マクロで



マクロレンズといえば花とか昆虫等の小さな物の撮影で使うものと思いがちですけど

私はそういった撮影以外でも結構よくマクロレンズを使います

同じ50㎜でも、以前ご紹介した50mm/1.4とは開放値の違いはあるにしても

開放から高コントラストでフレアが少なく、とってもシャープな描写をしますから

柔らかい雰囲気で撮りたい時とスッキリした雰囲気で撮りたい時でレンズを使い分けしています


テーブルの上に座っておやつを待っているみぃを上から1枚

絞り開放(F2.8)から毛並みが物凄く緻密に再現されています 

_DSC0097_201503011616584a3.jpg

普通の50㎜は最短撮影距離が45cmですが、猫を撮る時にもう少し近寄りたいと思う事がしばしばあります

勿論、後処理の時にトリミングという手もありますが

そんな時にマクロレンズなら寄りたい所まで近寄れますので猫との距離を気にしないで撮影が出来ます

_DSC0088-2_20150301161657abe.jpg

窓際で外との明暗差が大きい時などはフレアやゴーストが出やすいのですが

マクロレンズはこんな条件には結構強くて便利に使えます

_DSC0074-2.jpg_DSC1468-2.jpg


蘭の花のクローズアップを絞り開放で

かなり近づいていますので絞り開放では被写界深度がとっても浅くて ワンピン 状態

でも、それが不思議な雰囲気で面白かったりして・・・



今日のレンズは

MINOLTA AF MACRO 50mm/2.8D

1985年に発売されて、外装等のモデルチェンジが何回かありましたけど

光学系に変更はないはずですから、今から30年前の設計のレンズです

もう20年以上使っていますが、今でも最高の50㎜マクロだと思います

ただし、ヘリコイドの繰り出し量が多いのでAFスピードは遅くて動き物には不向きかな・・・

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
↑↑
ポチっと一押しお願いしますにゃ!



20141203220652c42.gif
スポンサーサイト



プロフィール

にゃおぐらふぁー

Author:にゃおぐらふぁー
猫を撮り続けて四半世紀。
にゃおぐらふぁーのブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR