FC2ブログ

オールドレンズでポートレート


ペットランキングへ





空を見上げるしまちゃん

撮影対象が人であれ猫であれポートレートの基本は目にピント

絞りを開放で撮っていますのでピントは薄くいわゆるワンピン写真なのですが

ピントの合ったところ以外はフワッとしてとても柔らかな描写です

ボケもなだらかで自然な感じなので優しい雰囲気のペットポートレートに仕上がりました

今日のレンズは1970年代の標準レンズでMINOLTA MC ROKKOR 58mm/1.2

この頃の標準レンズは今よりちょっと焦点距離が長くて

58mmとか55mmといった今ではあまり聞きなれない焦点距離が主流でした

このレンズの一番の特徴は何と言っても解放付近の柔らかな描写と

ちょっと絞ってシャープな描写と 一粒で2度おいしい的 な写真が楽しめることでしょう

_DSC7654_20170629143302ad5.jpg

上のカットは絞り開放のF1.2

_DSC7653_2017062914330151e.jpg

続いてF2

_DSC7651_201706291433006fc.jpg

そしてF2.8

並べてみると絞りによって背景のボケの感じも随分変わってきますし

F2.8まで絞ると開放のフワッとした感じから一転して物凄くシャープな描写に変わっているのが分かります

このレンズはかつて 鷹の目ロッコール と呼ばれていましたけど

このシャープネスの高さを見ればその呼称もうなずけます

_DSC7573-2.jpg

こちらはF2.8で撮影したしろちゃん

キリッとしてシャープな仕上がりなのですがボケはマイルドですし

ハイライトも白飛びせずに残っていてとても40年前のレンズとは思えません

_DSC7646-2.jpg

しまちゃんは絞り開放のF1.2で

しろちゃんのカットと比べると柔らかな描写で物凄く大きなボケ方をしています

_DSC7734.jpg

日が暮れて夕涼み中のしまちゃんを絞り開放で

背景のボケ方がちょっと不思議な感じでいい雰囲気です

α7Ⅱはアダプター経由でオールドレンズを使った時でも

マニュアルで焦点距離を打ち込めば手振れ補正が有効になります

明るいレンズを使う時には極端に感度を上げずにスローシャッターでも撮影できますから

そういった意味ではオリジナルのフィルムカメラ以上にこのレンズの持ち味を発揮できるのはうれしい限りです

_DSC7739.jpg

しまちゃんがカメラに向かってポーズを決めてくれています

目がまん丸で可愛らしいですね

明るい単焦点レンズはポートレートには必須アイテムなのですが

この描写を見ると選択肢の中にオールドレンズもアリでしょう・・・

MINOLTA MC ROKKOR 58mm/1.2 SONY α7Ⅱ  F1.2-2.8 1/13-1/160sec. ISO 200-500 RAW

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
↑↑
ご訪問ありがとうございました。 お帰りの際にはポチッと一押しよろしくお願いいたします



20141203220652c42.gif
↑↑
撮影のご依頼、お問い合わせはこちらからどうぞ
スポンサーサイト

コメント

No title

わー素敵な写真ばかりですね
特に最後から数えて2枚目
いいですね
綺麗です
しろちゃんも素敵にl撮ってもらって
良かったね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃおぐらふぁー

Author:にゃおぐらふぁー
猫を撮り続けて四半世紀。
にゃおぐらふぁーのブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR