FC2ブログ

心地よい描写



猫ランキング


_DSC6057_201809121714345a7.jpg

お気に入りのポジションで外を眺めるちゃーちゃんを

1980年代MINOLTAを代表するNMD 50mm F1.2の開放で撮った1枚

フワッとした柔らかな描写と滑らかなボケが心地よい画です



50mm F1.2開放での近接撮影は極端に被写界深度(ピントの合っている範囲)が浅く

ピント合わせはとてもシビアになりますけど

とても味のある何とも言えない素敵な描写です

このレンズは絞り開放と少し絞った描写が大きく変わるのですけど

それは開放付近で意図的に収差を残した設計に起因します

描写の違いは写真を見比べると一目瞭然なので同じシーンで開放とF2.5で比較してみます

_DSC6074.jpg

まずはF1.2

_DSC6077.jpg

続いてF2.5

F1.2と比べると随分スッキリした印象です

目の辺りを拡大すると
_DSC6074-2.jpg

絞り開放ではピントの合った部分やハイライトに滲みがあって

全体的にフワッとしていてまるでソフトフォーカスレンズの様な描写です

ちょっと絞ったF2.5では
_DSC6077-2.jpg

ほぼ滲みが消えてシャープな描写になっています

さらに絞ればもっとシャープな描写になるのですが

このレンズの持ち味は何といっても開放付近のソフトな描写にあります

_DSC6038.jpg

このあたりは好みの分かれるところで全ての撮影対象に向いた描写ということではないのですが

ポートレートで使う時などは魅力的な写真表現ができる1本です

デジタルカメラの高画素化に比例するように

大口径レンズも絞り開放からシャープでコントラストの高い描写のレンズが増えましたので

こういったソフトな描写をするレンズは今となっては貴重な存在です

_DSC6064.jpg

SONYに続いてNikonとCanonもからもフルサイズミラーレスが発表されましたし

もしかしたらPanasonicからも・・・・なんて噂も出てきました

ミラーレスカメラはマウントアダプターを使えば様々なレンズを装着できて

今のレンズとは一味違った写真表現が楽しめます

フィルムカメラで使っていたオールドレンズを眠らせていらっしゃる皆さまにとっては

デジタルカメラの選択肢が一気に増えます

フルサイズミラーレスの戦国時代が始まりそうな予感がします

MINOLTA NMD 50mm/1.2   SONY α7Ⅱ  F1.2 2.5 1/1000sec. 1/125sec. ISO 500 200 RAW



猫ランキング
↑↑
ご訪問ありがとうございました。 お帰りの際にはポチッと一押しよろしくお願いいたします



20141203220652c42.gif
撮影のご依頼、お問い合わせはこちらからどうぞ
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃおぐらふぁー

Author:にゃおぐらふぁー
猫を撮り続けて四半世紀。
にゃおぐらふぁーのブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR