FC2ブログ

今日はノーファインダーで



日光浴しながら気持ちよさそうに大あくびのしまちゃんを

地面スレスレの高さから広角レンズの24mmを使って撮った1枚です

しまちゃんらしいペットポートレートが撮れました

今日はファインダーを覗きにくいポジションで撮影した写真を何カットか集めてみました

_DSC3476-2.jpg

カメラによっては背面の液晶が自由自在に動いてこんなアングルでもしっかりとフレーミング出きるものもありますけど

地面スレスレで縦位置にカメラを構えるとファインダーも背面液晶も見えなかったりします

そんな時は思い切って写っているであろう範囲を予測してノーファーンダー撮影もいいものです

私の場合、広角レンズでノーファインダー撮影をするときにはオートフォーカスはオフにして

目測で大体の距離を合わせたらカメラを被写体に向けてシャッターをきっています

広角レンズの場合被写界震度(ピントが合っている範囲)が深いので

目測で距離を合わせても大きくピントが外れることはありませんし

オートフォーカスで思わぬ所にピントがいってしまってピンボケになる心配もありませんから

この使い方は意外と失敗する確率が低かったりします

ただレンズの画角が頭に入っていないと難しい事と、水平垂直がある程度出ている事の2点だけは

ノーファインダー撮影成功の条件にはなりますので

ここは練習して習得するしかありません

_DSC3491-2_20160121191940c82.jpg

池の水を飲んでいるしまちゃんを水面ギリギリから撮ったカットです

これは水面ギリギリにカメラを差し出してシャッターをきっていますのでノーファインダー撮影ならではのカットです

この状態を85mmで撮ると
_DSC5135_20160121191316b42.jpg

こんな感じです

同じ場所でもレンズの焦点距離が変わると随分と違った雰囲気です

レンズの画角も狭くなりますからレンズを向ける方向がちょっとズレただけで

撮ろうと思った物が画面に入っていなかったり、変な所で切れたりしますので

焦点距離の長いレンズでのノーファインダー撮影はちょっと難しい撮り方です

_DSC5140.jpg

広角レンズと違って被写界震度がグッと浅くなりますのでこちらはオートフォーカスを使用していますが

どこにピントが行くかは運次第で、ピンボケオンパレードになってしまうこともありますし

ちょっとした博打のようなものですね(笑)

_DSC3498-2-2_20160121191943be2.jpg

カメラを覗けない所に撮りたいものがある時には

こんな撮り方もありますので宜しかったお試しください

ただ博打が上手くいく確率を上げようと思ったら日頃の練習あるのみです

CarlZeiss Distagon 24mm/2 ZA AF NIKKOR 85mm/1.4D SONY α7Ⅱ  Nikon D4

F3.5~4.5 ISO 200-400 RAW

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
↑↑
ポチっと一押しお願いしますにゃ!



20141203220652c42.gif
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃおぐらふぁー

Author:にゃおぐらふぁー
猫を撮り続けて四半世紀。
にゃおぐらふぁーのブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR